顕微鏡

使用用途にあったmicroscopeの選び方をリサーチ!

システム

目的で選ぶ顕微鏡

速いスピードで進化しているmicroscopeは、用途と現場の状況に合わせて選ばないと活用しきれないという事態が起こることもあります。microscopeの種類とレンズの種類を選んでいく他、使いやすさという点も重視したいところです。

光学顕微鏡の種類

男性と女性

観察物に合わせて選ぼう

microscopeは、主に電子部品の品質管理や衣類の縫製検査、食品の異物確認検査で利用されています。microscopeは実体顕微鏡と比べて高倍率で、数十倍から数百倍のものが一般的です。肉眼ではなく、カメラで拡大した画像をパソコンなどのモニターに映して観察します。microscopeの種類は大きく分けて、光学ズーム式、単焦点レンズ式、ハンディタイプの3つです。単焦点レンズ式は、レンズ自体はズームできませんが、スタンド式になっているため本体を動かすことでズームが可能です。光学ズーム式に比べて安価で、動かない物の観察に適しています。光学ズーム式は、動く物に対しての観察に適当です。ローリングシャッターとグローバルシャッターを備えているタイプがあります。ローリングシャッターは別名ライン露光順次読み出しと言い、1から3ラインほどを1ブロックとして、ブロックごとを繋ぎ1つの映像にします。そのため、わずかながら時間差ができて映像が歪みます。一方、グローバルシャッターは別名同時露光一括読み出しと言い、取得する映像は全画素同じタイミングです。倍率は50倍から200倍ほどが一般的で、1000倍ほどの高倍率の商品もありますが、作動距離は短くなります。ハンディタイプは固定倍率式で、手に持って使うことができるので、ステージに乗らないような大きな試料の観察に最適です。試料を切断したりスライスしたりという作業は不要で、多角的に観察できるのが特徴です。microscopeにはこうしたタイプがあるため、観察する物に合わせて検討するといいでしょう。

顕微鏡

肉眼ではなくカメラで映す

デジタル顕微鏡のmicroscopeはレンズを通して肉眼で見る光学顕微鏡と異なり、カメラで見てモニタに映し出す顕微鏡です。複数の人と見えるものを共有する機会がある時に最適で、研究を行う会社では重宝するアイテムです。

男性

さまざまな医療への可能性

以前から、脳外科や心臓外科、眼科ではmicroscopeが手術に使用されてきた。肉眼で見ることが難しい患部を拡大できるmicroscopeは、治療に大きく貢献している。歯科への応用も広がっており、虫歯治療や歯石取りなどに活躍している。医療への普及は、これからますます広がりを見せるに違いないだろう。